1)アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの概要

1
年会費:350,000円(税別)

(取得しやすいカードの耳寄り情報)
審査が甘いクレジットカード!ステータスカードを作るためにクレヒスを作るためにも!!


「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」は通称ブラックカードと呼ばれるアメリカン・エキスプレスの最上位カードです。

カードがブラックだというだけでブラックカードと呼ばれているプラチナカードもありますが、

アメックスのセンチュリオンカードはプラチナカードの上の正真正銘のブラックカード

年会費も350,000円というかなりの高額!

チタンでできた高級感あるカードを発行することも可能。

とにかく最高級のサービスを受けられ、日本に限らず海外でもVIP待遇。

ステータスが高く、滅多にお目にかかることはなく、インビテーションもちょっとやそっとじゃ届きません。

2002年に日本での発行が開始された「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」の会員数は明かされていません。

ちなみに007シリーズのジェームズ・ボンドは保有しているそうです。

2)インビテーション条件

カード自体が幻とも思えるほどレアなのでインビテーション条件もはっきりしていません。

カード利用額、年収、社会的地位、ライフスタイル…

富裕層の中でも誰もが認めるVIPだけが持てるカードです。

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を取得する

まずは「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を取得しなければいけませんが、

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」もインビテーションが必要なカードです。

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を取得してインビテーションを貰って「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」にアップグレードしてから、さらに「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」のインビテーションを貰わなければいけません。

男性はこういう攻略する系が好きだったりするので、頑張っちゃうんでしょうね…

年収1,000万円以上

年収は1,000万円以上はないと認められないかもしれません。

普通のサラリーマンでは到達できない年収ですね。

エリートサラリーマンならギリギリ届くかもしれません。

給与所得者に対して占める年収1,000万円以上の人の割合は3.9%

ということは「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」には他にも条件がありますから取得できる人ははそれ以下の数字ってことになります。

カード利用実績

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の年間カード利用が年収の約30%という噂があります。

年収1,000万円なら、年間300万円以上はカード利用が必要。

プラチナカードは年間100万円以上のカード利用が目安と言われていうので、ブラックカードで年間300万円以上は妥当かも…

年間300万円というと1ヵ月で25万円

やっぱり庶民には無理ですね…

地道に年間300万円以上を続けてもダメで、たまに「高級車を買う」とか「飛行機のファーストクラスを利用する」とか

高額の支払いがあった方が良いという情報もあります。

ライフスタイル・利用状況

ブラックカードを持つのにふさわしいライフスタイルかどうかも審査されているようです。

コンビニやスーパーで買い物していてもインビテーションはきません。

高級ホテルや高級レストランでの食事やブランドもの、高級車の購入。

海外旅行に行ったり、海外で買い物したり…

富裕層の方にしか発行しないカードですから、庶民的なことばかりしてはダメなんです。

そして光熱費などの定期的な支出もアメックスのカード払いにする方が良いそうです。

1年に1回高級なものを買うだけではダメですし、毎月コンスタントに高級なところで利用しましょう!

どうやっても招待状が届かない!

「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」は定員制だという噂もあります。

インビテーション発行してる時期があったり、ずーっとインビテーションが発行されなかったりと波があるらしいのです。

それは「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」の定員が決まっていて、退会する人がいないとインビテーションが発行されないとか…

カード利用金額を増やしても、年収が増えても…いろいろやってもインビテーションがこないという場合は定員がいっぱいなのかも!?

謎が多い「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」なので定かではありませんが、

『どうやっても招待状が届かない!』という声が多いのはコレが原因なのかもしれません。

ステータスと質を保つためには仕方ない…?

3)メリット

スポンサードリンク



高額な年会費に見合ったメリットがたくさんあります。

サービスをしっかり利用すれば年会費なんて高く感じないかもしれませんよ♪

富裕層向けのカードだから無条件でVIP待遇

11
ブラックカードを持っている人は絶対にお金持ちです。

アメックスが認めたリッチな人ですから、お店やホテル、レストランでもVIP待遇です。

カードを見せた途端に丁寧な態度に変わり、一度訪れたことのあるお店などでは入店してすぐにVIPな扱いをしてくれるはずです。

高級ブランド店などでは別室に通されてシャンパンサービスなど…

飛行機やホテルでもいつの間にかアップグレードされているでしょう。

ちょっと天狗になっちゃう…いや、かなり天狗になってしまうでしょうね…

誕生日プレゼントがもらえる!

毎年、誕生日プレゼントが送られてくるそうです。

アメリカン・エキスプレスのオリジナルグッズだったりするそうなので、レアなものもあるかもしれません。

口コミによると「意外と使えない」ものが多いとか…

ブラックカードを保有するような人は欲しいもの・必要なものは自分で買えますからね…

自分では買わないけど、貰ったら嬉しい♪みたいなプレゼントを狙っているのかもしれません♪

アメリカンジョークだと思って貰っておきましょう。

メンバーシップ・リワード・プラス

ポイントサービスはプラチナカード以上になると自動的に「メンバーシップ・リワード・プラス」に変わります。

グリーンカード、ゴールドカードの場合は年会費に3,000円をプラスしなければ受けられないサービスです。

ポイント期限が無期限でポイントは100円=1ポイント

1ポイント=0.3円のキャッシュバックが最高1ポイント=1円としてキャッシュバックできるように変わっています。

交換レートが高くなっているのでお得です。

さらに楽天スーパーポイントやTポイントが3,000ポイント=1,000ポイントだったところが、3,000ポイント=1,500ポイントで移行可能です。

ANAマイルも2,000ポイント=1,000マイルだったのが、1,000ポイント=1,000マイルで移行可能。

ブラックカードを利用する人がポイントを重視するとは思えませんが、高レートになっています。

毎年300万円のカード利用があれば、3万ポイント。

1ポイント=1円なので3万円分のポイントということになります。

年会費の元を取るのは難しいですが、3万円分のポイントって結構大きいですよね?

4)デメリット

もちろん年会費が高い!ということ。

でもそれは高いステータスと上質のサービスなので仕方ありません。

毎月3万円で私設秘書を雇ったと思えば安く感じるでしょう。

カードのサービスは豊富なので年会費を払える経済力のある人にとってはデメリットはほとんんどないと言えそうです。

5)プラチナカードとの違い

一般カードのグリーンカードやインビテーションなしで入会できるゴールドカードに比べたら各段にサービスが増えています。

紹介するのが大変なのでプラチナカードに比べて増えたサービスについて紹介していきます。

センチュリオン・パーソナル・コンシュルジュ

24時間365日対応してくれるセンチュリオン・パーソナル・コンシュルジュ。

このコンシュルジュの質を保つためにもセンチュリオンカードは定員制だと言われています。

ちょっとした相談や頼み事も聞いてくれます。

「好きなアーティストのコンサートチケットの販売時期が分かったら連絡頂戴」と言っておくとちゃんと連絡をくれます。

ホテルの予約などもしてくれて、ソファやベッドの配置まで手配してくれるとか!!

本当に完璧なコンシュルジュで、評判はかなり良いです。

コンシュルジュに頼むとジェット機のチャーターなんかもしてくれます。

いつ必要になるのかわかりませんが、世界を飛び回るビジネスマンなら急なフライトが必要になることもあるのかも…

飛行機・ホテルをアップグレード

飛行機のアップグレードをしてくれるので、ビジネスクラスは当たり前です。

もうエコノミークラス症候群を心配することはありません。

同伴者は年4回まで無料にしてくれるので、一緒に行く人と離れ離れなんてこともありません。

提携ホテルではスイートルームへ無料でアップグレードしてくれます。

空室がない場合もあるかもしれませんが、スイートなんて10万円とかですよね?

それを無料にしてくれるなんてすごいです。

空港ラウンジのVIPルーム

プライオリティ・パスは当たり前です。

通常399ドルするプレ・ステージ会員資格が無料で付与されています。

さらにプライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジの中でもVIPルームの利用ができるそうです。

VIPルームなんてあるんですね…

何から何までVIP待遇!!

6)アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準

世界的にステータスの高いアメリカン・エキスプレス・カード。

4

一般カードの「アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)」ですら、審査が厳しいと言われています。

申し込みは20歳以上からでパートやアルバイトの方は申し込み不可。

3

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」はインビテーションなしで申し込みができますが、審査は厳しいです。

誰でも簡単に取得できるカードではないですし、年会費は29,000円。

ゴールドカードの中では一番のステータスを誇ります。

2
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」はインビテーションでの入会限定です。

年会費は130,000円!経済力がなければ保有することが難しい…

「アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)」を持っているだけでも一目置かれますから、ゴールドやプラチナ、ブラックとなると海外でも信用されます。

憧れのアメリカン・エキスプレスの審査基準は日本のクレジットカード会社の基準と異なるとも言われているので

審査に通るのは簡単ではありません!

→→→取得しやすいアメックス提携カードといえばコチラ!←←←