1)スルガ銀行Visaインフィニットカードの概要

5
年会費:120,000円(税別)

(取得しやすいカードの耳寄り情報)
銀行系のVISAカードといえばこのカード!取得しやすいのでクレヒスを積むのにも最適!


「スルガ銀行Visaインフィニットカード」は静岡にある地方銀行のスルガ銀行が発行しているVisaのブラックカードです。

Visaのブラックカードを発行しているのは日本ではスルガ銀行のみ。

どうして地方銀行が!?という疑問…

世界的に通用するサービスを提供する必要があるので、いろいろな大人の事情がからんで三井住友銀行などでは発行していないそうです。

12万円という高額な年会費はアメックスやダイナースのプラチナカードに匹敵します。

Visaのプラチナサービスに加えて、Visa Infiniteだけの特別なサービスはかなりラグジュアリーです!

2)インビテーション条件

「スルガ銀行Visaインフィニットカード」はインビテーションのみの入会。

ブラックカードとしても、クレジットカードとしても、あまり認知度が高くなく、かなりレアなカードなので

正確なインビテーション条件は謎に包まれています…

「SURUGA Visaクレジットカードゴールド」の取得

まずはスルガ銀行のゴールドカード「SURUGA Visaクレジットカードゴールド」を取得しましょう。

この時点でスルガ銀行を利用する人でなくてはメリットはあまりないと思うので、狭き門…

スルガ銀行はプラチナカード「SURUGA Visa プラチナクレジット」も発行していてますが、プラチナカードは保有していなくてもインビテーションはくるようです。

スルガ銀行の取引実績が必要

スルガ銀行を日頃から利用していないとインビテーションはこないようです。

「住宅ローンを組む」などスルガ銀行で普通に預金をしているだけではなく、大口の取引実績が必要。

カード利用額&ライフスタイル

他のステータスカードと同様にカード利用額は高額な方が良いでしょう。

年間100~200万円のカード利用実績は必要。

そしてコンビニやスーパーなどで買い物をするんじゃなくて、一流レストランや高級ホテルなどを利用したり

ブランド店や百貨店などでの買い物も重要です。

庶民的なお店で買い物をする人より、ラグジュアリーなお店での利用実績があるとブラックカードを持つ素質のあるライフスタイルだと

認めてもらえるようです。

年収が一千万以上の経営者

ブラックカード所有者は年収が一千万以上の方が多いようです。

たしかにそのくらいの年収がないと、ブラックカードを使いこなせないかもしれません…

さらに「スルガ銀行Visaインフィニットカード」を取得している人は中小企業の経営者の方が多いとか…

もちろん開業医や弁護士とか上場企業の経営者という方もいるとは思いますが、

やっぱり地方銀行ということもあって、勢いのある中小企業が多いらしいです。

3)メリット

スポンサードリンク



ラグジュアリーなサービスがすごい!

Visa Infiniteのサービスはすごいです。

プライベートジェットヘリコプターやクルーズ船のチャーター

庶民の私にとっては、そんなサービスいつ利用するんだ!?と思ってしまいますが…

セレブな人はパーティーをやったり、プライベートジェットで旅行や出張に行ったりするんでしょうね。

高級車レンタカーが特別料金になるサービスもあります。

自家用高級車ではなく、リムジンとかを利用したりするんでしょうね~。

さすがのブラックカードにはこのような普通では考えられないサービスがあります。

1つの島をまるごと貸切!!

海外セレブがパパラッチされるようなシチュエーションです。

ブラックカードならではのサービスとして1つの島をまるごと貸切ることが可能

これぞセレブ…

ブラックカードを持つと、レジャーがとてつもなくリッチになりそうです…

Visaプラチナサービス

Visaプラチナサービスも利用可能です。

24時間365日利用可能のコンシェルジュサービスや国内の有名旅館・ホテルの宿泊プランの優待割引、レストラン特典など。

詳しくサービスを知らなくてもコンシェルジュに相談すると、至れり尽くせりで手配をしてくれるでしょう!

「プレミアム IC キャッシュカード」で預金の金利UP

スルガ銀行独自のサービスも付帯されています。

「プレミアム IC キャッシュカード」を発行してもらえるので普通預金の金利が+0.1%になります。

最近は低金利と言われているので、少しでも嬉しいですよね?

ブラックカードを利用する人なら預金も高額でしょうから、意外と大きな差を感じられるかも…

4)デメリット

リボ払い専用のクレジットカード!?

「スルガ銀行Visaインフィニットカード」はブラックカードなのにリボ払い専用のクレジットカードです。

スルガ銀行のクレジットカード自体がリボ専用ということで「スルガ銀行Visaインフィニットカード」もミニマムペイメントを採用しています。

お店での支払いの時は「一括払いで」と言えば決済できますが、実際はリボ専用とのこと…

リボ初回支払い手数料は無料なので、リボ設定額を上限までにして一括払いのように利用することをオススメします。

年利は9%と、他のスルガ銀行のクレジットカードより優遇されています。

だからと言って、ブラックカード所有者がリボ払いにしちゃうのはカッコ悪いですよね…

マイナーだったりする…

世界的にVisa Infiniteカードはステータスが高いです。

ですが、地方銀行のブラックカード…

「スルガ銀行Visaインフィニットカード」は日本でも海外でもマイナーです。

知ってる人が見れば『Visaの最上位カードだ!!』とわかりますが、あまり知られていません。

もし、ブラックカードを自慢したいというなら、アメックスのセンチュリオンカードを手に入れた方が良いかも…

センチュリオンカードなら世界でも日本でも自慢できるでしょう!

5)一般カードとの違い

キャッシュバック率がアップ

ブラックカードを利用する人が還元率とかを気にするのかはわかりませんが、

「スルガ銀行Visaインフィニットカード」はポイントサービスではなくカード利用額のキャッシュバックがあります。

スルガ銀行ローンを組んでいる人には「プレミアム返済アシスト」が適用され、ショッピング利用金額の1.8%をスルガ銀行ローンの繰り上げ返済に充当可能

ローンの返済が終わっている方の場合はショッピング利用金額の1.5%を毎年キャッシュバックされます。

100万円のカード利用があれば、15,000円のキャッシュバックということ。

年会費の元を取るのは難しそうですが、面倒なポイントより楽ちんです♪

豊富なサービス

プライオリティ・パスやコンシェルジュサービスなどのサービスだけではなく

ブラックカードならではのVIPなサービスも豊富になっています。

海外旅行保険は最高1億円、国内旅行も最高5,000万円です。

年会費が高いですが、充実のサービスで満足させてくれるはず。

6)スルガ銀行のクレジットカードの審査基準

1
「SURUGA Visaクレジットカード」は18歳以上で、継続安定収入のある方が申し込み可能。

年会費は1,000円(税別)

銀行系のクレジットカードなので、審査が甘いというわけではないですが

18歳からの申し込みが可能ですから、初めてのクレジットカードでも取得可能です。

スルガ銀行の口座開設の時に一緒にクレジットカードを作る人も多いです。

2
「SURUGA Visaクレジットカードゴールド」は20歳以上で、継続安定収入のある方が申し込めます。

年会費は5,000円円(税別)とゴールドカードとしては一般的です。

審査は厳しくなりますが、スルガ銀行を利用していて、過去のクレジットカード返済でも問題がなければ審査には通るでしょう。

一般カードからの切り替え申し込みの方が確実かもしれませんが、新規申し込みができます。

3
「SURUGA VISAプラチナクレジットカード」はインビテーションのみの入会となっています。

まずは「SURUGA Visaクレジットカードゴールド」の取得が必要。

年会費は60,000円(税別)

「スルガ銀行Visaインフィニットカード」の取得にプラチナカードの取得は必須ではないようですが、

まずは「SURUGA VISAプラチナクレジットカード」を取得して着実にスルガ銀行との取引実績を積んだ方が確実だと思います。

そんなにVIPなサービスを求めていないなら「SURUGA VISAプラチナクレジットカード」でVISAプラチナサービスを受けるだけで十分かもしれませんね…

→→→銀行系のVISAカードといえばこのカード!取得しやすいのでクレヒスを積むのにも最適!←←←