1)アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの概要

3年会費:130,000円(税別)

(人気のアメックスカードの詳細情報)
カッコいいアメックスカードを探しているなら…JALマイルが貯まるアメックスはコチラ!


「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は言わずと知れたステータスカードのアメリカン・エキスプレスのプラチナカード。

驚くほど高い年会費…130,000円…

毎月1万円で高いサービスを受けられると思えば、妥当に思えるでしょうか?

日本国内だけではなく世界的に人気の高いカードで、トラベルサービスも充実しています。

世界を飛び回るビジネスマンや海外旅行を楽しむ富裕層の方に選ばれています。

アメリカン・エキスプレスにはさらにグレードの高いカード「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」も存在するので

最高峰のクレジットカードを手に入れるためにも「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は外せません!

2)インビテーション条件

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のインビテーションを取得するには

まずは「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を取得しなければいけません!

とは言っても稀に「アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)」の利用者にインビテーションが届いたこともあるようなので

絶対にゴールドカードを持ってなくてはいけないというわけではないようです。

年収600万円以上!

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」と同じ年会費の「ダイナースクラブプレミアムカード」も年収の目安は600万円以上とされています。

実際、年収は自己申告ですし…わざわざ源泉徴収の写しを送るわけではないですから、目安です。

このくらいの年収の方なら年会費を払うのもイタくなさそうですよね?

年間利用額が100万円以上

アメックスグリーンカードもしくはアメックスゴールドカードを年間100万円以上利用するとインビテーションに近付くようです。

年収が600万円以上の方なら、なんだかんだ年間100万円のカード利用は余裕でしょう。

メインのカードとして毎月頻繁に利用することが重要なんだと思います。

プラチナカード所有者に相応しいライフスタイル・趣向を持っているか判断される!?

ただアメックスのカードを頻繁に使えばいいってもんでもないようです。

コンビニで買い物、ファミレスで食事、ユニクロのファッション…

私は全部好きですが…プラチナカード所有者として相応しくはないんですよね…

インビテーションを取得するにはそれ相応の場所でのカード利用が必要なようです。

少額の買い物よりも高額な買い物を決済するようにするべし!

高級ホテルや高級レストラン、ブランド店など富裕層をターゲットにしてる場所でのカード利用が望ましいようです。

アメックスのサービスを頻繁に利用すると顧客とみなされる!?

海外での案内をしてくれる「グローバル・ホットライン」や「オーバーシーズアシスト」などのコールセンターを利用する…

「チケット・アクセス」でチケットを取る…

「アメリカン・エキスプレス・セレクト」や「グローバル・ダイニング・プログラム」など…

とにかくアメックスのサービスをいろいろ利用して頼ることで顧客としてみなしてくれるのでインビテーションが来やすくなるようです。

あれ?インビテーションなくても申し込めるの…?

インビテーションが届けば、ほとんど審査で落とされることはないのでプラチナカードの取得が可能です。

しかし、インビテーション条件を満たしているはずなのにインビテーションがこない…

そういう方もいますよね?

そんな方に朗報です!!

口コミを探すと「インビテーションがなくても取得できた」とあります。

私はAMEXゴールドを持っていて、プラチナの勧誘はまだ来てませんでしたが、都内某所での勧誘ブースで「プラチナが欲しいんですけど・・・」と言ったらプラチナの新規申込書を出してきました。その申込書でプラチナに入会することが出来ました。

なんと!こんな取得の裏ワザがあるとは…

誰でも取得できるわけではないですが、条件を満たしている自信があるなら挑戦してみましょう!

3)メリット

プラチナ・コンシェルジュ

会社の重役の方などには秘書がいたりしますが、普通のサラリーマンには秘書さんはいないですよね?

そんな時に役立つのがプラチナ・コンシェルジュ。

24時間365日対応してくれ、一見さんお断りのレストランなどの予約もしてくれます。

旅行のプランを考えてくれたりもするので、いろいろ相談してみましょう。

月1万円で秘書を雇ったと思えばカード年会費も安く感じませんか!?

プライオリティ・パスのプレステージ会員資格が付帯

プライオリティ・パスのプレステージ会員資格が付帯になっているので世界中の空港のラウンジを無料で利用可能です。

空港でのサービスも豊富なので旅行や出張が多い人はメリットがたくさん♪

利用限度額は無限?

結論から言うと無限なわけではありません…

ただ利用限度額に一律の制限がないので、高額の買い物もできるということです。

100万円以上の買い物となるとプラチナ・コンシェルジュさんに相談して事前に承認を取った方が良さそうです。

アメックスは利用限度額が設定されないので、まぁ結構使っても大丈夫ですよ。

VIP待遇間違いなし!

支払いの時に「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を出した途端に態度が変わる店員さんもいるくらいです。

特に高級店では顕著のよう…

あからさまなのもどうかと思いますが…商売ですからね…

ブランド店ならシャンパンを持ってきてくれるとか…

百貨店では外商さんに対応してもらえるとか…

ホテルでのお部屋のアップグレードなんて当たり前です。

4)デメリット

ステータスが高いだけ?

世界で通用する「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」なのでステータスの高さは間違いありません。

ただカードのサービス面においてはゴールドカードで十分だという声も多数あります。

ゴールドカードの4倍の年会費を払ってまで取得するメリットを感じない方はインビテーションがきても放置するようです。

日本国内で普通に生活する分にはVIP待遇も必要ないですしね。

コンシェルジュに頼る予定もないというなら、確かにゴールドカードで満足かもしれません。

5)一般カードとの違い

メンバーシップ・リワード・プラス

ポイントサービスが自動的にワンランク上になります。

グリーンカード、ゴールドカードの方も年会費に3,000円をプラスするとメンバーシップ・リワード・プラスにできますが、

プラチナカードなら元からポイント優遇のあるサービスです。

ポイント期限が無期限なので思う存分貯められます。

そしてポイント交換、ポイント移行のレートが高くなるのでお得。

1ポイント=0.3円としてしかキャッシュバックできなかったのに最高で1ポイント=1円としてキャッシュバックできます。

楽天スーパーポイントやTポイントが3,000ポイント=1,000ポイントだったところが、3,000ポイント=1,500ポイントで移行可能。

プラチナ・コンシェルジュ・サービス

何かあったら相談できるプラチナ・コンシェルジュは365日24時間対応してくれます。

悩み相談なんかも聞いてくれるかも…

「フリー・ステイ・ギフト」サービス

毎年、カード更新・年会費の支払い時にホテル無料宿泊券がプレゼントされます。

メディカル・コンサルテーション

日本の医学界を代表する医師による治療方法のご相談、症状に合った専門医の紹介、セカンドオピニオンの提供をしてくれます。

体調不良や心配なことがある場合は病院まで行かなくても、気軽に相談ができて安心です。

プラチナ・アクセス/ダイニング・アクセス

一見さんお断りの料亭などでもアメックスからの紹介として予約をしてくれたり、

有名レストランでの会員限定のディナーコースを2~4名で予約すると、1名分のコース料金を無料にしてくれます。

キャセイパシフィック航空のゴールド会員資格/ワンワールド・アライアンスのサファイアステータス資格/SPGのゴールド会員資格

キャセイパシフィック航空やワンワールド・アライアンス(日本だとJALが加盟)の上級資格が付帯になっているので空港で優待サービスを受けられます。

そしてSPG(スターウッドプリファードゲスト)ゴールド会員に無料でなれるので、高級ホテルでの優待があります。

6)一般カードの審査基準

アメリカン・エキスプレス・カードの審査も簡単ではありません。

申し込みは20歳からで、パートやアルバイトの方は申し込み不可となっています。

もちろん学生や専業主婦の方も取得できません。

ただ正社員として働いている、クレジットカードの返済の遅れがない、という常識的な基準です。

20歳から取得できるので勤続年数もそこまで気にしなくて大丈夫でしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはアメリカン・エキスプレス・カードに比べると審査は厳しくなりますが、インビテーションではなく自身での申し込みが可能なカードなので

審査基準がかなり厳しい…というほどではありません。

年収が300万円くらいでも正社員なら取得できると言われいます。

申し込みは25歳以上なので、20歳からアメリカン・エキスプレス・カードを利用して実績を積むとすんなり切り替えられるかもしれません。

プラチナカードを目指すなら、

アメリカン・エキスプレス・カード⇒アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと育てた方が有利になるでしょう!

→→→カッコいいカードを狙うならコチラもオススメ!←←←