1)エポスプラチナカードの概要

2
年会費:30,000円(税別)

(取得しやすいエポスカードの詳細情報)
マルイでお得!ポイント還元率が高い!審査が甘い!人気のエポスカードはコチラ!


「エポスプラチナカード」はマルイでの買い物がお得になるエポスカードの最上位カードです。

一般のエポスカードよりもポイントが貯まりやすくなっているので、マルイでの買い物が多い方にメリットがあります。

Visaのプラチナ優待サービスを利用でき、プライオリティ・パスも無料で登録可能。

低年会費のプラチナカードですが、サービスが充実しているのでコストパフォーマンスが良いことで知られています。

プラチナカードは破格の年会費でインビテーション条件が厳しいというイメージですが、

「エポスプラチナカード」はインビテーション条件が少ないので取得しやすいかもしれません。

2)インビテーション条件

他のプラチナカードと比べると比較的にインビテーション条件が緩く感じるかもしれません。

マルイと言えば若者のショッピングビルですから、条件が厳しくても取得する人がほとんどいない状況になってしまいそう。

そういう理由かは定かではありませんが、20代でも取得可能。

マルイで頻繁に買い物する若年層をターゲットにしたプラチナカードです。

エポスゴールドカードの取得

エポスゴールドカードは新規申し込みが可能です。

エポスカード利用者にインビテーションがくる場合もありますが、インビテーションを待たなくても申し込めます。

エポスカードよりエポスゴールドカードの方がポイントがお得でサービスが豊富。

さらにエポスプラチナカードの方がポイントもサービスも充実します。

マルイでの買い物が多いなら上位カードを取得した方が絶対にお得だと思います。

年間100万円以上のカード利用

1年間で100万円以上のカード決済をするとインビテーションがくるようです。

1年間に100万円というと毎月84,000円くらいの利用です。

公共料金とかの定期的な支払いをエポスゴールドカードで支払って、マルイで買い物して、食費、日用品…

毎月10万円くらい利用していけば良いので、ハードルは低いですよね?

20代前半で取得可能!

ゴールドカードの取得は20歳から。

取得した年に年間100万円以上の利用があれば翌年にはインビテーションがきて取得できる可能性があるので

最速だと21歳で取得可能ということになります。

ステータスの高いプラチナカードは30代くらいからじゃないと取得できないことがほとんどですから、

「若いうちからプラチナカードを利用したい!」という野望があるならエポスプラチナカードはピッタリです。

マルイでのショッピングが多い方が良い?

年間100万円以上カード利用があったとしてもマルイでの買い物が全然なかったらインビテーションはこないかもしれません。

やはりマルイのクレジットカードですから、マルイで買い物しなきゃダメでう。

マルイで買い物をしないとポイント還元率も普通ですから、マルイで買い物しましょう!

マルイでの利用総額についての情報はありませんが、毎月コンスタントに利用してりる方が良いでしょう。

マルイには洋服以外にも雑貨や本、CD・DVDなんかも売ってますし、マルイの顧客様を目指しましょう。

3)メリット

マルコとマルオの7日間で10%OFF

エポスカードの最大のメリットは「マルコとマルオの7日間」。

年に4回開催されていて、期間中はマルイでも買い物をエポスカードで支払うとすべて10%OFFです。

洋服や靴、バック以外にもレストランも10%OFF。

普段は安くならない本、CD・DVDも10%OFFです。

プラチナカードとしては年会費が安い!

アメックスやダイナースのプラチナカードの年会費は130,000円!!

それに比べてエポスプラチナカードは良心的ですね。

一般のエポスカードは年会費が無料ですから、それに比べると20,000円は高く感じますが

プラチナカードとしては低年会費です。

楽天のプラチナカード「楽天ブラックカード」も30,000円、三井住友プラチナカード、JCBのプラチナカード「JCB THE CLASS」は50,000円。

エポスプラチナカードのコスパの良さがわかってもらえましたか?

ポイントが貯まりやすい!

マルイでの買い物なら現金払いでも200円=1ポイントのポイントが貯まります。

さらにカード一括払いなら200円=2ポイント

リボ払いなら200円=3ポイント。

マルイ以外でも200円=1ポイントのポイント付与。

さらに年間利用額に応じてボーナスポイントがあり、最大100,000ポイントプレゼント!

マルイで1ポイント=1円なので10万円が貰えるってことです。

さらに誕生日月はポイント2倍なので、ポイントがどんどん貯まります。

4)デメリット

スポンサードリンク



クレジットカードにデメリットはつきものですが、エポスプラチナカードにはほとんどでメリットがありません

プラチナカードなのにショッピング保険が付帯ではないことくらい?

あとはマルイでも買い物が少なければポイント還元率は普通ってことくらいです。

マルイで頻繁に買い物をするならほとんどデメリットは感じないはずです。

5)一般カード・ゴールドカードとの違い

ボーナスポイントが充実

エポスカードにはボーナスポイントがありません。

ゴールドカードくなるはボーナスポイントがあるものの年間100万円以上のカード利用で10,000ポイントまで。

エポスプラチナカードなら年間100万円以上で20,000ポイント

最高は年間1,500万円以上の利用で100,000ポイント

カード利用が多ければ多いほどポイントが増えていきます。

さらにゴールドカード以上だとポイント期限がないので、エポスプラチナカードも無期限にポイントを貯められます。

プライオリティ・パス

ゴールドカードなら国内とハワイ・韓国の空港ラウンジが利用可能ですが、プラチナカードならさらにプライオリティ・パスが無料登録可能

海外に行くことが多いなら、プライオリティ・パスは重要ですよね?

Visaプラチナ優待サービス

Visaプラチナ優待サービスには「プラチナコンシェルジュ」もあります。

24時間体制でいろいろな相談に乗ってくれます。

さらに空港でのサービスやグルメ・ショッピングの優待があります。

グルメクーポン

全国の100店舗以上の高級レストランで利用できるグルメクーポン。

対象レストランに2名以上で食事に行くとカード会員の方は無料になるクーポンです。

贅沢な食事がお得になるのは嬉しいですよね~。

6)一般カード・ゴールドカードの審査基準

エポスカード審査が甘いと言われています。

18歳から申し込みが可能でパートやアルバイトの方も取得可能。

学生や専業主婦の方も取得されているので、初めてのクレジットカードとして申し込む人も多いです。

エポスゴールドカードはインビテーションでの入会なら年会費が無料。

審査もすんなりでしょう。

インビテーションなしで申し込む場合は年会費が5,000円ですが、年間50万円以上のカード利用で翌年度無料。

低年会費のゴールドカードなので審査はそこまで厳しくないでしょう。

20歳から申し込みが可能なゴールドカードで若年層に人気。

取得しやすいゴールドカードと言われています。

→→→マルイでお得!ポイント還元率が高い!審査が甘い!人気のエポスカードはコチラ!←←←