1)JCBゴールド ザ・プレミアの概要

1
年会費:10,000円(税別)
サービス年会費:5,000円(税別)
  ※年間カード利用金額が100万円以上の場合は次年度サービス年会費が無料

(取得しやすいJCBカードの詳細情報)
インビテーションを狙うなら…まずはJCBカードを取得してクレヒスを積みましょう!


「JCBゴールド ザ・プレミア」はJCBが発行する上位ゴールドカードです。

「JCBゴールド」を利用している方の中から選ばれた人しか持つことができません。

プラチナカードよりも敷居が低いので使いやすいですが、カードはブラックカードのようなカッコよさ。

JCBカードのプロパーカードの中でもステータスの高いカードなので一目置かれることは間違いないでしょう。

「JCBゴールド」の年会費にサービス年会費を加えた15,000円がかかりますが、カード利用金額が100万円以上だった場合は

10,000円で利用することができ、低年会費に抑えられています。

2)インビテーション条件

「JCBゴールド ザ・プレミア」はインビテーション条件がはっきりと明記されています。

わかりやすくて良いですよね~。

しかもクリアしやすい条件になっています。

①「JCBゴールド」を取得する!

まずは「JCBゴールド」を取得しましょう!
2
「JCBゴールド」はインビテーションなしで申し込めます。

20歳以上で安定継続収入のある方なら申し込み可能。

②2年連続で100万円以上のカード利用

2年連続で「JCBゴールド」を100万円以上の利用があるとインビテーションがきます。

集計期間は12月16日~翌年12月15日。

この期間に100万円利用すれば良いのです。

だいたい1ヵ月で84,000円

これは難しい数字ではないですよね?クリアできそうじゃないですか?

継続して「JCBゴールド」を利用していれば条件を満たせるということです。

③「MyJCB(マイジェーシービー)」にメールアドレスを登録する

JCBのWEBサービス「MyJCB」にメールアドレスを登録しましょう!

これだけでインビテーションがきます。

簡単♪♪

「JCBゴールド ザ・プレミア」のインビテーションは条件を満たせば招待されるかも…っていうわけではなく、条件を満たせば条件が確実にきます。

取得の流れ

だいたい年末までの集計期間で100万円以上の利用が確認されたら、毎年2月中旬頃に招待メールが届きます。

メールが届いたらMyJCBから3月末頃までに申し込みが必要です。

そして毎年4月下旬~5月末頃に「JCBゴールド ザ・プレミア」のカードを発行して「JCBゴールド」からの切り替えです。

メールを見逃して申し込みをしないと自動的にキャンセルになってしまうので、要注意!!

突撃!!…って無理みたいよ…

よくあるゴールドカードにインビテーションがきてないのに申し込む「突撃」

さすがに「JCBゴールド ザ・プレミア」では通用しないみたいです。

だってインビテーション条件が明記されてますから…

突撃する勇気は認めますが、はっきり決まった条件があるのでそれを無視しちゃいけません…

難しい条件ではないので、むやみに突撃して印象を悪くするのはやめておきましょう!

3)メリット

スポンサードリンク



準プラチナカードなのに取得しやすい!

インビテーション条件を満たせばちゃんとインビテーションがきますし、

インビテーションがきて申し込みをすれば確実に取得できるカードです。

他のゴールドカードはインビテーション条件が明確じゃなかったり、だいたいの目安しかわからないので

なかなかインビテーションがこない場合もあります。

「JCBゴールド ザ・プレミア」は集計期間もはっきりしてるので、しっかり狙えるというのがメリットです。

プライオリティ・パスのプレステージ会員資格が付帯

プライオリティ・パスのプレステージ会員資格が付帯になっているので世界中の空港のラウンジを無料で利用可能です。

さらに京都駅ビルの「JCB Lounge 京都」も利用可能。

世界中の空港でもくつろげるし、京都に行った際にもラウンジの利用が可能。

日本全国のデパートとかにもラウンジが増えると贅沢できそうですね♪

東京ディズニーリゾートのオフィシャルサポンサー!

JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルサポンサーなのでディズニー好きには特典が魅力です。

カード利用で貯まるOki Dokiポイントは通常1,000円=1ポイントですが、

東京ディズニーリゾートではポイント10倍!!

貯めたポイントはパークチケットと交換することもできます。

パークチケットが当たるキャンペーンや東京ディズニーリゾートのイベントの招待などの優待特典もあります。

ポイントが優遇されている!

通常1,000円=1ポイントの「Oki Dokiポイントプログラム」。

海外での利用はポイント2倍

JCBトラベルを利用すればポイントが3~7倍

JCBトラベルの海外ホテルオンライン予約ならポイントが12倍!!

国内旅行・出張だけではなく、海外に行くとかなりポイントが貯まりそうです。

年間利用金額に応じて翌年度のポイント換算率もアップする「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」もあるので

とにかくたくさん利用したほうがお得です。

ポイント還元利は0.50%~1.00%と普通ではありますが、使い方次第でもっとポイント還元率は上がります。

4)デメリット

インビテーションは封書ではない…

意外と多いこの意見…

ゴールドカードやプラチナカードのインビテーションと言えば封書で届くもの。

ちょっとカッコいい招待状というイメージですが、「JCBゴールド ザ・プレミア」はメールで案内がきて、WEBからの申し込みです。

「ちょっとイメージと違う…」「ちょっとカジュアルだ…」

みたいな意見が結構ありました。

まぁそれは仕方ないですよね~。

どうしてもVIPなインビテーションが欲しいというならJCBの最上位カード「JCBザ・クラス」を目指しましょう!

5)「JCBゴールド」との違い

「JCBゴールド」の時点ですでにゴールドカードなのでサービスも充実しています。

ですが、さらにグレードアップしたカードなので特別なサービスが増えています。

プライオリティ・パス

ゴールドカードの優待特典として有名なプライオリティ・パス。

世界中の空港でラウンジサービスを利用できるプライオリティ・パス会員資格が付帯になっています。

別途プライオリティ・パスへの申し込みが必要ですが、通常399ドルかかる年会費が無料です。

世界中のどこのラウンジでも回数に制限なく無料で利用できます。

JCB Lounge 京都

京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用可能。
3
受付にてカードの提示をすると入室できます。

ドリンクサービス京都のガイドブックも揃っているので便利です。

さらに手荷物預かりサービスがるので、京都観光の際には利用しましょう。

キャリーケースを引いて観光って疲れちゃいますからね。

まずはラウンジに行って京都のガイドブックを見て、手荷物を預けて、いざ京都!です。

JCBプレミアムステイプラン

日本限定ですが、国内のホテルや旅館の特別宿泊プランがあります。

ビジネスでの利用にも活用しましょう!

6)「JCBゴールド」の審査基準

「JCBゴールド ザ・プレミア」取得のためにもまずは取得しなくてはいけない「JCBゴールド」。

ゴールドカードなので審査基準は甘くありませんが、取得が難しいというわけでもなさそうです。

「JCBゴールド」は20歳から申し込みが可能で、年会費は10,000円。

学生の申し込みは不可で、仕事を持たない専業主婦の方も審査には通らないと思います。

ですが、パートやアルバイトでもある程度の収入があれば審査に通っているようです。

もちろん派遣社員の方も取得可能です。

あとは働いていなくても不動産収入年金受給など安定した収入が見込める場合も審査に通ります

限度額が50万円くらいからなので、その限度額に見合った収入を得ている方は可能性があるでしょう。

審査に通るか心配だという方なら「JCB一般カード」、29歳以下の方なら「JCB GOLD EXTAGE」

JCBカードの利用実績を積むことでゴールドカードの審査も優遇されるかもしれません!

→→→インビテーションを狙うなら…まずはJCBカードを取得してクレヒスを積みましょう!←←←